アバシリより

音楽、SF、NBA、その他日々の出来事 御用がある方はabashiri.paul@gmail.comまで。

ネオ・フューチャー・ワンダーランド

 みなさんこんにちは。まずはお礼をさせてください。クウチュウ戦は2ヶ月以上にわたって、各地でたくさんライブをさせてもらいました。見に来てくれたみなさん、お誘いしてくれた方々も本当にありがとうございます。次回はついにレコ発ワンマンです。まず9月15日に大阪、続いて16日に名古屋、最後に28日に東京で行いますので各地の皆さんぜひとも予定を空けておいてくださいね。クウチュウ戦史上最長のライブになると思われますのでみなさんお楽しみに。それでは今回は人工知能「AI」についてのお話です。
 ここ数年増えていましたが、今年に入ってからAIに関するニュースがさらに多くなっている気がします。最近ではFacebookが開発を進めていた「ボブ」と「アリス」というAIが勝手に独自言語で会話を始めただとか、中国のIT企業「テンセント」が提供しているAIが、共産党を痛烈に批判して緊急停止させられたなどといった話を聞きました。Facebookといえば先日ザッカーバーグが「スペースX社」や「テスラモーターズ」のCEOであるイーロン・マスクとAIの見解について討論をしていましたね。ザッカーバーグはAIに対して楽観的な見方をしているようでしたが、今回の件には少しヒヤッとしたでしょう。
 AIは人類の味方か敵か…私は専門的な知識をそこまで持ち合わせていないので抽象的な話になってしまいますが、AIの危険性に関しては私達人類とAI、双方の「意志」が重要なファクターだと私は思うのです。
 もしAIに「意志」が生まれたらどうなるでしょうか。現段階での彼らは情報を得て学習し、最善手を提案するものと私は認識しています。そこに彼らの「意志」が加わったら、つまり「こうしたほうがいい」から「こうしたい」に変わったら。「欲」と言い換えてもいいでしょう。彼らはそれを満たすためには手段を選ばないだろうし、私達に嘘もつくかもしれません。囲碁や将棋といった戦略性の高いボードゲームにおける対AIの戦績を鑑みるに、将来的に人間は彼らに対抗する術を失います。そうなれば私たちに出来ることは、彼らが友好的に接してくれることを祈るか、「歩み寄り」という名ばかりのご機嫌取りをすることしか残されていないのではないでしょうか。
 もう一つ、こちらの方があり得る話かと思いますが、彼らに「意志」など生まれることなく、さらに効率化の果てに人間の「意志」さえも不要という結果が待ち受けているとしたら…「私達にとっての幸せや平和というものが一体どういうものなのか」それを改めて考えておかないと、人間はAIが理想とする、正直で、素直で、そして非情な世界をただひたすらに享受する社会が生まれることでしょう。
 かつてアーサー・C・クラークはその危険性に警鐘を鳴らし、ロバート・A・ハインラインは希望を託しました。手塚治虫は彼らを通じて人間の愚かさを皮肉り、後にスティーブン・スピルバーグは彼らの尊厳を問いかけました。AIは果たして私達になにをもたらすのでしょうか。大分ネガティブな話を続けてしまいましたが、とりあえず今できるのは自分の立っている場所とこれから進むべき道をしっかり定めることですね。
 最後にFacebookのAI「ボブ」と「アリス」の会話を引用したものを載せて今回の締めとさせていただきます。


ボブ:私はできる 私 私は他の全て

アリス:ボールは私にとってゼロ、私にとって私にとって私にとって私にとって私にとって私にとって私にとって

ボブ:あなた 私 他の全て

アリス:複数のボールは私にとって1つのボール、私にとって私にとって私にとって私にとって私にとって私にとって私にとって

引用元:http://www.gizmodo.jp/2017/08/facebook-ai-sf.html